弁護士に相談して示談交渉を有利に進める

弁護士に相談する際のメリットの一つは、事前にいろいろと相談ができるために物事をスムーズに進めることができるという点です。例えば、いざ交通事故に合うと警察や保険外車が手取り足取り必要な手続きを行ってくれて適切な賠償額を支払ってくれると思いがちですが、実際はそうではありません。警察は民事不介入のため、事件性がなければ状況見分をして終わりになります。

保険会社もできるだけ少ない賠償額で収めたいと思いますので、被害者にとっては無理のある要求を提示してくることすらあるのです。交通事故の後遺症がひどければひどいほど弁護士にきちんと相談したほうが、適正な補償を受けやすくなりますし、そのためにどのような手順を踏めばいいのかも弁護士に相談することによってアドバイスを受けることができます。

また、弁護士に相談しているという事実が相手の保険会社にとってもプレッシャーとなり、無理な要求をしてこなくなることも大いに期待できますし、そうした保険会社との交渉そのものも弁護士に任せることができるので、精神的なストレスも大変軽減できるでしょう。示談交渉を相手側の保険会社のペースではなく、被害者側のペースで行うためにも弁護士に相談することは非常に重要といえます。